忍者ブログ
自分が聞いてきたレコード、CD、FMライブなどの記録のためのブログ。ほぼ今までに聞いてきた順番にupしています。 現在、'94年に聞いた音楽をup中。 コメント大歓迎ですが、それぞれの記事に関係ないコメント、日本語以外の言葉でのコメントは、「掲示板」に移動又は削除させていただくことがあります。
[1929] [1928] [1927] [1926] [1925] [1924] [1923] [1922] [1921] [1920] [1919]
On The City Shore 角松敏生 RAL-8805,1983年5月21日

3枚目のアルバムは、・・・。

にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ


SIDE A
 1.Off Shore
 2.Summer Emotions (Image from SAWAKO HIRODAN)
 3.Ryoko!! (Image from Ryoko TAKAHASHI)
 4.Beach's Widow (A Widow on the shore)
 5.Take You to the sky high
SIDE B
 1.Take Me far Away
 2.Anklet
 3.Dreamin' Walkin'
 4.Let Me Say・・・
 5.Say・・・Good Night

All Songs by 角松敏生
Arranged by 角松敏生
Horns & Strings Arranged by 佐藤準
Chorus Arranged by 磯広行 on B1
Arrange Association;磯広行 & BAND

Drums:Jnana Murti (A1,2,3,B2,3,4)
E.Bass:青木智仁 A1,2,3,5,B2,3,4、高水健司 A4,B5、美久月千晴 B1
E.Guitar:太田恒彦 A1,2,3,5,B2,3,4、青山徹 A4,B5
      土方隆行 B1、角松敏生 A2,3,5,B1,2,3、今剛 B3(solo)
Keyboards:友成好宏 A1,2,3,B2,3,4
Percussion:磯広行 A1,4,5,B2,5、角松敏生 A1,B5

Horn Sections
Trumpet:数原晋、Nobuo Katoh、Masahiro Komura、吉田憲司
      solo:Norio Koyama (A1)
Trombone:新井英治、平内保夫、岡田澄夫
A.Sax:Jake H. Conception
    solo:Jake H. Conception (A2)
T.Sax:斉藤清
B.Sax:砂原俊三

Background Vocals:角松敏生 A,B1、Yoshihiko Shiraishi A,B3
              藤恵子(Keiko Toh)
A,B1,2,3、磯広行 A,B1,3
              Kumiko Hara B1,2,4

Flugelhorn solo:Norio Koyama (B5)


この3作目は自分で曲作り、アレンジ、プロデュースし、
自分のバンドでレコーディングしたそうですね。

このレコードもレンタルしたわけで、そんなに聞いていないし、
ミュージシャンをメモったのもその時だけ。
青木智仁さん、太田恒彦さん、友成好宏さんたちの名前も全然認識しなかったですね。
磯広行さんの名前は今でも覚えていなかったです。

その他、漢字も知らない人たちが多いですが、アドリブ誌のレコード・ガイドによると、
コーラスで渡辺恵津子さん、キーボードで林有三さんが参加していることになっています。
僕の記録漏れということも考えられるけど、
青木智仁さんが「青木智人」と載っていたりするので、
アドリブが間違っている可能性も高いです。(苦笑)


全体的に見ると片面づつ性格付けしてあって、
A面は全部海の歌で、B面は全部都市と海をオーバーラップさせた歌なんだ。
海と街って、重なって同じように見える瞬間があるっていうのが僕のテーマなわけ。
そこで海と街のサイドに分けたんだ。何曲か、曲の説明をすると、
一曲目の<オフ・ショアー>っていうのは、波の音は聞こえるんだけど海は見えない、
そして松林を抜けると海がパーっと広がっていたというインパクトを表したの。
だから波は気どった波じゃなくて、死にそうな波なわけ。
それでいながら、目はしっかり浜辺の女のコに向かっているという世界なの。
音的にも、全体的に言えることなんだけど、コーラスにかなり凝っているんだ。
2曲目なんかは、オクターブで同じメロディを歌い重ねていって、
何十人もの人間がうたっているような効果を狙っているんだ。

A-4の<BEACH'S WIDOW>は、彼氏がサーファーの女のコって大変ネ、
2,3時間も待っててまるで浜辺の未亡人みたいだって、
女のコ同士が話しているのを小耳にはさんで書いたんだ。
この曲結構評判がいいんだよね。
B-4の<レット・ミー・セイ>は、唯一のオーバーなバラードで、
この曲にバラードの全てを集約したんだ。
佐藤準さんの弦のアレンジもメチャクチャよくて、感動の曲という感じ。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
5 8
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ にほんブログ村 音楽ブログ フュージョンへ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽番組へ
フリーエリア2
最新コメント
[12/11 SaToshi]
[12/03 たまたま通行人]
[12/03 たまたま通行人]
[12/01 SaToshi]
[12/01 himebow]
[11/28 SaToshi]
[11/27 himebow]
[11/05 NONAME]
[11/04 SaToshi]
[11/04 NONAME]
[10/24 SaToshi]
[10/24 ファーストネームでもう一度]
[09/02 SaToshi]
[08/31 伊豆の響き]
[08/19 SaToshi]
[08/18 もぐら]
[08/16 Taka]
[08/16 SaToshi]
[08/15 Taka]
[08/15 SaToshi]
[08/14 Taka]
[07/14 SaToshi]
[07/13 SUKIYAKI]
[07/13 SUKIYAKI]
[07/09 伊豆の響き]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
SaToshi
性別:
男性
自己紹介:
基本的に音楽はジャンルに関わらず何でも好きです。ただ、クラシック、演歌、唱歌、民謡などは積極的に聞こうとは思いません。
このblogで取り上げているメディアは、レコード(CD)の発売日やFM(TV)の放送日を参考にして順次upしているので、多少の前後や抜けがあると思います。
メディアの発売日は保存している雑誌を主に、多少はネットを参考にしています。
FMの放送日はほとんど自分の記録ですが、同じ番組でも放送局によって放送日が違うこともあります。
記入間違いや僕の分からないことがあれば教えていただければと思っていますので、よろしくお願いします。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析